空き家対策|相模原市の不動産、金子建設の売主不動産情報

空き家対策

金子建設 トップページ > 空き家対策

空き家について

平成25年住宅・土地統計調査(総務省)の調査より、空き家数は820万戸・空き家率は13.5%と過去最高になっております。
少子高齢化によりこれからも空き家が増えていくと予想されます。

問題となっている空き家とは

問題なのが売買や賃貸を募集するわけでもなく、毎年維持費だけがかかって放置されている空き家なのです。
放置している空き家は火災や犯罪の温床となり、住環境の悪化が考えられます。

毎年かかっている維持費

今までは建物がある場合、土地の固定資産税が6分の1に軽減される処置がありました。
これを見直し、危険な放置されている空き家を撤去し有効利用を促していく方針となっていきます。
また、空き家に対して立ち入り調査や個人情報の必要な範囲での利用等を行えるようにもなっていきます。

ただ所有しているだけの空き家にはデメリットばかり。
この機会にぜひ有効活用のご検討してみてはいかがでしょうか。

弊社での実際の活用実績

相続により住宅を取得したが、ご自身はすでにお住まいの住宅があり実際にはそのまま。
維持費ばかりかかる空き家。管理もできず雑草が生え、火災などの心配もあり近隣の方からの心配の声も上がっておりました。
ご相談を受けた結果、現在お住まいの住宅からも遠いので弊社にて買い取りとなりました。

造成前2宅地

造成前2宅地

生茂る雑草

生茂る雑草

電柱の越境部分

電柱の越境部分

何も問題ないように見えますが調査の結果、水道管が隣地へ越境・隣地の電線が越境等がありました。
ご本人様さえ気づかなかった越境などの問題を弊社にて近隣にお住まいの方たちに一つ一つご説明し無事に施工を完了いたしました。

造成後2宅地

造成後2宅地

ブロックによる境界

ブロックによる境界

越境部分の解消

越境部分の解消

水道管越境解消

水道管越境解消

水道管工事

水道管工事

お問い合わせはこちら!