構造・工法|相模原市の不動産、金子建設の売主不動産情報

構造・工法

金子建設 トップページ > 構造・工法

地盤調査

住宅の基礎や建物の構造がどんなに丈夫であっても地盤が弱ければ不動沈下などにより、住宅が傾いてしまいます。金子建設ではその地盤に適した措置を施し建物の耐震性及び不同沈下に強い住まいづくりを行っています。

スウェーデン式サウンディング

金子建設では木造住宅では最も多く利用されている信頼と実績のあるスウェーデン式サウンディング調査により地盤調査を行っています。
スウェーデン式サウンディングとはスクリューポイントを取り付けたロッドの頭部に1kN(100kg)まで荷重を加えて、ロッドがどれだけ地中に貫入するかを測ります。貫入が止まった後、ハンドルに回転を加えてさらに地中にねじ込み、25cmねじ込むのに必要な回転数を測定。その結果を基に地盤の強度を判断します。
またフルオート調査機を使用しているため、個人差によるバラツキの無い正確なデータを測定でき、小回りが利きますので、狭地でも問題なく安心して測定することができます。

【地盤調査】

【地盤改良】

ベタ基礎

金子建設では耐震性、耐久性共に優れているベタ基礎を採用しています。
ベタ基礎とは、住宅に掛かる力を分散させ、住宅全体の荷重を底板全体で受け止め、面で支える工法です。
住宅の重み・地震・台風・様々な力から住宅を守る効果があります。
また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入を防ぐ効果もあります。

【鉄筋組】

【基礎】

剛床

厚さ28mmの構造用面材を使用することで地震や台風などの力を面で受け止める事により優れた耐久力、耐震性を実現しています。

【剛床】

エンジニアリングウッド(躯体部分)

【エンジニアリングウッド】

金子建設では安定した強度と性能を誇るエンジニアリングウッドを使用しています。
「エンジニアリングウッド」とは、いわゆる集成材のことです。
複数の乾燥木材を張り合わせることで、ムク材の問題点を解消し、なおかつ通常の製材に比べて約1.5倍の強度を持たせることができます。よって長年住んでも建築当初からのくるいが少なく、建物本来の性能を長期間維持できます。また通常、製材品としては使用できないような端尺材、欠点を持った木材等であっても欠点を除去し、加工する事により、強い材料に仕上げる事ができる事から、環境に優しい材料として「エコウッド(ECOWOOD)」とも呼ばれています。

高気密断熱システム(こちらはオプションとなります。ご希望のお客様はお選び頂けます。)

金子建設では高気密断熱システムにて施工を行っております。
気密断熱とは瞬時に100倍近く膨らむ強い圧力で、小さな空間や隙間に発泡体を押し込み隙間を残さない気密性抜群の断熱システムことです。
気密性の優れた断熱材を使うことで外気の浸入を防ぐことが優れるだけでなく、内部・外部から出る音や振動を吸収することで優れた防音効果を発揮します。
また、シックハウス症候群の心配がないことや、環境に良いことはもちろん、空気漏れによる熱損失を防ぐことで建物全体のエネルギー効率を改善し、家庭での消費電力の削減にも繋がります。
特殊なオープン・セル構造のため、フォーム内に水分を貯め込むことがないので結露やカビ等の発生リスクが極めて少ないという特徴もあります。
素材自体が燃えにくいことと、気密性が高く空気が通らないため火が燃え続ける事ができないといった防火性にも優れています。

【吹き付け作業】

【吹き付け後の様子】